POPFileはどのようにして動くのですか?

POPFileはメールソフトとメールサーバの間で プロキシ として動きます。メールソフトから送られるコマンドはPOPFileを経由してメールサーバに送られます。メッセージを受信するときには、POPFileはメッセージの内容を読み込み、カテゴリ(バケツ)に分類します。そして、分類したメッセージを メールソフト に伝えます。

メールサーバ –> POPFile –> メールソフト

POPFileはどうしてメールを正しく分類する方法がわかるのか? それには、ベイズの定理(正確には、 Tomas Bayes牧師 が1720年頃に発見したナイーブ(単純)・ベイズ法)として知られている、古いですが強力な数学的手法を使っています。

POPFileはまずメッセージを単語に分割し、添付ファイルを分析し、HTMLを除去します。そして、このアルゴリズムを使って、メッセージをあなたが作成したいろいろな ” バケツ” へ自動的に分類します。メールソフトはこのバケツによる分類結果を利用することにより、メッセージをそれぞれの受信箱に振り分けることができます。POPFileはそれぞれのバケツに関連づけられたメッセージの特徴を確定する(訳注:そのバケツに入れるべきメッセージを手動でそのバケツに振り分ける)ことによって学習していきます。

参照:

原文

 
jp/faq/howwork.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License