POPFileが動作しているときにセキュリティ上気をつけることはありますか?

ホームユーザにとっては現在のPOPFileの仕様は十分安全と言えますが、いくつか注意すべきことがあります。現在、POPFileは最近2日間に受信したメールの履歴を暗号化せずに保存しています。このことによって、POPFileのディレクトリにあるファイルにアクセスできる人があれば、その人にメールの内容を読まれてしまう可能性があります。 しかし、POPFileのディレクトリにアクセスできるのであれば、同じようにメールクライアントのフォルダにもアクセスできる可能性があるため、あまりこの状態を気にする必要はありません(言い換えれば、そのようなシステムはPOPFileがインストールされていてもいなくても危険は大きいということです)。 他に、POPFileに外部から接続されるという可能性もありますが、この設定はデフォルトでは無効になっています。 サーバ上のマルチユーザシステムで共有して利用する機能がPOPFileに追加されたときには、他のセキュリティ上の案件が増加し、それらについて取り組むことになるでしょう。

原文

 
jp/faq/securityissues.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License