POPFile のエラーメッセージ・ログを確認する

このページは、POPFile のエラーや警告などのメッセージを確認する方法について記載したものです。

エラー・警告の確認方法

POPFile のエラーや警告などのメッセージは、コンソールに出力されるものと、ログファイルに出力されるものがあります。コンソールには、POPFile が起動する際のメッセージや、Perl が出力するエラーなどが出力されます。ログファイルには、POPFile のそれぞれのモジュールのメッセージやエラーなどが記録されます。

ログファイルやコンソールに出力する内容は、設定タブの「ログ」で変更することができます。デフォルトでは、ログはファイルに出力されますが、これをコンソールやコンソールとファイルに変更することができます。

注意:

  • エラーや警告などのメッセージの中には、ログには記録されず、コンソールにのみ出力されるものがありますので注意してください。

ログレベル

POPFile 0.22.0 より、ログに記録する内容をコントロールできるようになりました。詳細設定タブの logger_level で変更することができます。

0 にした場合、致命的なエラーだけが記録されます(デフォルト)。1 にした場合、より多くのメッセージが記録され、2 にすればすべてを記録させることができます。

エラーの原因を調べたい場合には、これを 2 に設定するとよいでしょう。

参照:

コンソールにメッセージを表示させる

Windows 版

POPFile のエラーは、コンソールを表示することによって確認することができます。

POPFile コントロールセンターを開き、設定タブの「POPFile のメッセージをコンソールウィンドウに出力しますか?」を「はい」にして POPFile を再起動します。DOS 窓が現れ、POPFile のメッセージが表示されます。これが、POPFile のコンソールです。

他の方法として、 ユーティリティ・スクリプト からリンクされている POPFile Win Utilities に公開されている、POPFile Message Capture Utility を使うという方法があります。これによってエラーや警告などのメッセージを取得することができます。(v0.22.0 以降では、このユーティリティも POPFile といっしょに含まれています。POPFile をインストールしたフォルダにある「msgcapture.exe」を使用してください)

クロスプラットフォーム版

クロスプラットフォーム版では、perl popfile.pl で起動することによって、コンソールを表示させることができます。

POPFile のログを確認する

ログファイルに記録される内容や、保存場所については、 FAQ:POPFile*.logには何が記録されていますか? を参照してください。

ハウツー

POPFile ドキュメンテーションプロジェクト

 
jp/howtos/captureerrors.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License