Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

jp:howtos:messagemanager [2008/02/08 19:49] (current)
Line 1: Line 1:
 +====== POPFile に対応した Message Manager の設定 ======
 +
 +[[http://home.e07.itscom.net/ytworld/MessageManager.html| Message Manager]] で POPFile を使う際の設定方法です。
 +
 +===== アカウント情報の変更 =====
 +
 +  *1. メニューより、**Options > Preferences** を選択。
 +  *2. **POP3 Server** タブの、**Incoming mail (POP3) server:** を、**127.0.0.1** に変更します。
 +  *3. **Mail server user name:** を、**POP3メールサーバ:アカウント** に変更します。例えば、POP3サーバー名が **pop.kaisha.jp** でPOP3ユーザーID が **yamada** だったとすると、新しいユーザーIDは次のようになります。
 +
 +<code>pop.kaisha.jp:yamada</code>
 +
 +  *4. POPFile の POP3 プロキシのポートを変更している場合は、**POP3 port** も変更します。
 +  *5. **OK** ボタンを押します。
 +
 +===== 振り分けルールの設定 =====
 +
 +バケツ名 **spam** に分類されたメールを Message Manager の **spam** という名前のフォルダに振り分けるという例で説明します。
 +
 +==== X-Text-Classification ヘッダで振り分ける場合 ====
 +
 +  *1. メニューより、**Options > Auto-move templates...** を選択。
 +  *2. **Add...** ボタンをクリックして、新しいテンプレートを作成します。
 +  *3. **Folder:** を、振り分けたい先のフォルダ(**spam**)に設定します。
 +  *4. **Header:** に、**X-Text-Classification** と入力します。
 +  *5. **Keyword:** に、バケツ名(**spam**)と入力します。
 +  *6. **OK** ボタンをクリックしてテンプレートを保存します。
 +  *7. 必要なだけ、2 〜 6 の操作を繰り返します。
 +
 +X-Text-Classification ヘッダーの値を元に振り分けるには、X-Text-Classification ヘッダーを追加する機能が POPFile で有効になっている必要があります。POPFile ユーザーインターフェース画面の **バケツ** タブで確認してください。
 +
 +==== Subject ヘッダで振り分ける場合 ====
 +
 +X-Text-Classification ヘッダーでなく件名を元に振り分けるには、代わりに次の条件を追加します。
 +
 +  *4. **Header:** に **Subject** と入力します。
 +  *5. **Keyword:** に **[バケツ名]** (**[spam]**)と入力します。
 +
 +件名の値を元に振り分けるには、バケツ名を件名に追加する機能が POPFile で有効になっている必要があります。POPFile ユーザーインターフェース画面の **バケツ** タブで確認してください。
 
jp/howtos/messagemanager.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License