POPFile に対応した pochy の設定

pochy を推奨する理由

POPFile と一緒に使うメーラーとして pochy を推奨します。最もユーザー数が多いと思われる Outlook Express(以下 OE) と比較して、その理由を挙げます。

  • 1. OE 同様、無料。
  • 2. OE に比べ動作が軽快。ファイルサイズが小さい。
  • 3. OE をターゲットにしたウィルスに感染しない。
  • 4. X-Text-Classification ヘッダーの値を元に振り分けを設定できるため、POPFile で分類後、メールの件名にバケツ名を追加しないで済みます。OE にはない機能。
  • 5. X-POPFile-Link ヘッダーを表示することができ、クリッカブルなので、受け取ったメールから POPFile のユーザーインターフェース画面をすぐに表示し、再分類をおこなうことができます。OE にはない機能。

pochy を POPFile と一緒に使うには、以下に紹介する若干の設定変更を必要とします。

アカウント情報の変更と振り分けルールの設定については、設定ツール [[http://popfile.sourceforge.jp/confpochy/| confpochy.pl]] を使えば、簡単におこなうことができます。(confpochy.pl は POPFile 最新版 0.21.0 にはまだ対応していません。)

アカウント情報の変更

  • 1. メニューより、設定 > アカウント設定 を選択。
  • 2. POPサーバーの値をユーザーIDの前に追加し、コロン(:)でつなげます。例えば、POPサーバーが pop.kaisha.jp でユーザーID が yamada だったとすると、新しいユーザーIDは次のようになります。
pop.kaisha.jp:yamada
  • 3. POPサーバーの値を、127.0.0.1 に変更します。
  • 4. OK ボタンを押します。

振り分けルールの設定

バケツ名 spam に分類されたメールを pochy の spam という名前のフォルダに振り分けるという例で説明します。

  • 1. メニューより、設定 > 振り分け設定 を選択。
  • 2. 現在 pochy は振り分けルールを GUI から設定することはできません。設定ファイルを直接編集することになります。エディタに表示されたファイルに次の定義を追加します。定義と定義は # で区切ります。
  -
\spam
X-Text-Classification=spam
  -
  • 3. ファイルを保存します。
  • 4. 設定を有効にするため、pochy を再起動します。

X-Text-Classification ヘッダーの値を元に振り分けるには、X-Text-Classification ヘッダーを追加する機能が POPFile で有効になっている必要があります。POPFile ユーザーインターフェース画面の バケツ タブで確認してください。

X-Text-Classification ヘッダーでなく件名を元に振り分けるには、代わりに次の定義を追加します。

  -
\spam
Subject=\[spam\]
  -

定義と定義は # で区切ります。pochy の設定ファイルでは正規表現が使えてしまうため、[ と ] は \ でエスケープする必要があります。

件名の値を元に振り分けるには、バケツ名を件名に追加する機能が POPFile で有効になっている必要があります。POPFile ユーザーインターフェース画面の バケツ タブで確認してください。

X-POPFile-Link ヘッダーの表示

(pochy 0.21.0 以降を使用している必要があります)

X-POPFile-Link ヘッダーを表示すると、受け取ったメールから POPFile のユーザーインターフェース画面をすぐに表示し、再分類をおこなうことができます。

  • 1. pochy がインストールされているフォルダの setting.ini というファイルをエディタで開きます。
  • 2. 次の2行を追加し、保存して閉じます。
[Customize]
HeaderView=1
  • 3. pochy がインストールされているフォルダの下に新たに template というフォルダを作ります。
  • 4. template フォルダの下に header.htmpl というファイルを作り、以下のように表示したいヘッダー情報を定義します。最後の行が X-POPFile-Link ヘッダーを表示する部分です。
To: %t
From: %f
Subject: %s
Date: %d
Cc: %c
Reply-To: %r
X-Mailer: %m
X-POPFile-Link: %p
  • 5. 設定を有効にするため、pochy を再起動します。

詳細は以下の pochy ドキュメントを参照してください。

setting.iniでのみ可能な設定

テンプレートの設定

 
jp/howtos/pochy.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License