クイックスタートガイド : POPFile と Secure Password Authentication との併用

web インターフェースの「セキュリティ」タブを選び、Secure Password Authentication サーバーのサーバー名とポート番号を入力します。あとは、メールソフトの受信メールサーバーを 127.0.0.1 に変更するだけです。ユーザー名は変える必要はありません。

残念ながら、今のところ一つの POPFile インストレーションに対して持てる SPA アカウントは一つだけです。

MSN Secure Password Authentication に関する注意

popfile を以下のコマンドにより起動します。 (以下の通りそのままに入力します)

perl popfile.pl --set pop3_port 110 --set pop3_secure_server=pop3.email.msn.com --set pop3_secure_port=110

アカウントの「サーバー」ページの設定が以下の通りであることを確認してください。

受信メール (POP3): 127.0.0.1
アカウント名: MSNのアカウント名のみ

「セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする」をチェックしてください。

「詳細設定」タブでは、「受信メール (POP3)」のポート番号が 110 であること、および「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」 がチェックされていないことを確認してください。

これで、「Mail Icon drop down」のアカウント名をクリックすればメールをチェックすることができます。

原文

 
jp/quickstart/spa.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License