問題のデバッグのためにログを準備する

POPFile 0.22 以降のバージョンでは、デフォルトでは、致命的なエラーのみがログに記録されます。デバッグのためには、起こっていることの詳細を把握するのが役立つことも多いため、問題が再発する場合はぜひログレベルを2にあげて記録したログファイルの内容を報告してください。

詳細設定ページで ' logger_level' を変更することによってデフォルトの0から2にあげることができます。新しいログレベルを有効にするには、POPFile を再起動しなければなりません。また、設定ページでログ出力が有効になっていることを確認してください。

設定ページにあるリンクをたどれば、いつでも現在のログファイルを見つけることができます。

参照:

原文

 
jp/troubleshooting/preparelog.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License