Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

jp:troubleshooting:multiuser [2008/02/08 19:49] (current)
Line 1: Line 1:
 +====== Windows で Administrators(管理者)権限なしで POPFile を使用する ======
 +
 +**問題:** WinXP Home, ProまたはWindows 2000でPOPFileを使用するとき、アカウントに管理者(administrator)権限がない場合は、POPFileを走らせるのにいくつか問題が発生することがあります。
 +
 +手動でPOPFileを起動しようとしたら、このようなメッセージが現れることがあります。
 +<code>
 +Loading...
 +{core: windows}
 +{core: config logger mq}
 +{classifier: bayes}
 +{interface: html}
 +{proxy: pop3}
 +
 +POPFile Engine v0.20.1 starting
 +
 +Initializing...
 +{core: mq windows config logger}
 +{interface: html}
 +{classifier: bayes}
 +{proxy: pop3}
 +
 +Starting...
 +{core: mq windows config
 +
 +A copy of POPFile appears to be running.
 +Attempting to signal the previous copy.
 +Waiting 10 seconds for a reply.
 +
 +A copy of POPFile is running.
 +It has signalled that it is alive with proccess ID: 1216
 +Failed to start while starting the config module at POPFile/Loader.pm line 563.
 +</code>
 +
 +しかしながら、POPFileがタスクマネージャーにも存在せず、UI (http://127.0.0.1:8080) も開くことができません。
 +そのとき、POPFileを動かすためにはどうすればいいのでしょう。
 +
 +**解決策:** 本当の "マルチユーザー" インストールはもうまもなく実現されます。(詳細は [[https://sourceforge.net/docman/display_doc.php?docid=17906&group_id=63137| POPFile Roadmap]] を参照してください。 いまのところは、この問題を回避するためのいくつかの方法があります。
 +
 +  * 個々のプログラムに対して、管理者権限を与えることができます(後述する"マイクロソフト サポート技術情報"を参照してください)。
 +  * 別の場所にPOPFileをインストールして、その権限を読み取り/書き込み/変更に変更する(後述する Jimthompson.net を参照してください。)
 +
 +参照:
 +
 +  * [[http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA-JP;q307091| マイクロソフト サポート技術情報]]
 +  * [[http://www.jimthompson.net/xphome/InstallingSoftware.htm| Jimthompson.net]]
 +
 +[[TroubleShooting:MultiUser | 原文]]
 
jp/troubleshooting/multiuser.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License