POPFile の履歴がどんどん増えてしまい、メッセージが削除されません。どうしたのでしょう?

POPFile は1時間ごとにメッセージを履歴から削除すべきかどうかをチェックします。もしメッセージが全く削除されていないとしたら、それは POPFile がずっと動き続けていないからという可能性があります。POPFile を実行し、メールを受信してサーバーから切断し、すぐに POPFile を終了するという使い方をしている場合、履歴はどんどん増え続けてしまいます。

解決方法:

  • POPFile をある程度の時間、起動したままにする。少なくとも1時間は起動したままにすれば、充分古いメッセージが履歴から削除されます。
  • 1時間も待てないなら、設定タブの “すぐに削除” というチェックボックスを使用することで、 POPFile ( 0.22.0またはそれ以降 )に古い履歴を削除すべきかチェックさせることができます。これにチェックを入れて、”適用”ボタンをクリックすると、POPFile は設定された期間( デフォルトでは2日 )より昔のメッセージを削除します。
  • POPFile UI の [履歴] タブより [全て削除] あるいは [このページを削除] をクリックして、手動で履歴を削除します。

原文

 
jp/faq/nohistorydelete.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License