Outlook でメールをフォルダごとに振り分ける方法

POPFile はメールを分類します。その分類結果をもとにさらにどのようなアクションを取るかはメールクライアント次第となります。例えば、メールを異なるフォルダごとに振り分けたり、アラートメッセージを表示したり、Outlook の「分類項目」を割り当てるといったことができます。

  • 1. Outlook のメニューより 「ツール」→「自動仕訳ウィザード…」 を選びます。

  • 2. 自動仕訳ウィザードが開きます。「新規作成…」 をクリックし、「新しいルールを作成」 を選びます。

  • 3. Outlook はメールのフィルタリングが完全にバックグラウンドで行うことができる X-Text-Classification ヘッダーを仕訳に使うことができます。「次へ」 をクリックし、メッセージヘッダーに特定の文字が含まれる場合 を選びます。
  • 4. グレーにハイライトされた 特定の文字 リンクをクリックし、テキストボックスに X-Text-Classification:(”:”(コロン)の後に半角スペースが1つ入ることに注意!) に続けてバケツ名を入力(例えば、X-Text-Classification: spam)し、「追加」、次いで 「OK」 をクリックします。
  • 5. 「次へ」 をクリックし、指定フォルダへ移動する を選びます。
  • 6. グレーにハイライトされた 指定 をクリックするとフォルダのリストが表示されます。バケツに分類されたメールの移動先フォルダを選び、「OK」 をクリックします。
  • 7. 「OK」 をクリックし、「完了」 をクリックします。
  • 8. 各バケツごとに以上のプロセスを繰り返します。
  • 9. 終了です!
  • 10. 補足: POPFile web インターフェースの 「バケツ」 タブ上で、「件名の変更」を オフ にします。

原文

 
jp/howtos/outlookmove.txt · Last modified: 2009/09/28 15:07 by amatubu

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License