POPFile Silent Shutdown ユーティリティ

(stop_pf.exe)

このユーティリティは、ブラウザの画面を開くことなく自動的にPOPFileを終了します。

スタートメニューにある、この “Shutdown POPFile silently” ショートカットメニューは、このユーティリティを /SHOWERRORS オプションとインストール時に指定した UI のポート番号をつけて実行します(訳注:すなわち、インストール時に指定した UI のポート番号にアクセスして POPFile を終了させ、もしエラーが発生すればその内容を表示します)。このユーティリティは、バッチファイルの中でも使用できます。

使用方法:

STOP_PF           <PORT>
STOP_PF  <REPORT> <PORT>
STOP_PF           <PORT> <PASSWORD>
STOP_PF  <REPORT> <PORT> <PASSWORD>

ここで <PORT> は、POPFile のユーザーインターフェースにアクセスするために使われるポート番号(通常 8080) を使用します。

オプションの <REPORT> に入る値は:

  • /SHOWNONE (何のメッセージも表示されません)
  • /SHOWERRORS (エラーメッセージのみ表示されます)
  • /SHOWALL (成功またはエラーメッセージのどちらも常に表示されます)

(<REPORT> が指定されていない場合、/SHOWNONE がデフォルトの設定です)

オプションの <PASSWORD> に入る値は、POPFile のユーザーインターフェースへのパスワード (スペースは入れられません)です。この「スペースが許されない」制限は、現在のバージョンのユーティリティでの制限事項です。(訳注:スペースを含むパスワードの場合、スペースの代わりに「%20」を使うことができます。例えば、「sample password」というパスワードの場合、「sample%20password」と指定することができます)

何のパラメータも入力せず、このユーティリティを実行すると(例 プログラムのアイコンをダブルクリックする)、ヘルプ画面が表示されます。

常に成功またはエラーコードが返され、バッチファイルの中で確認できます:

@ECHO OFF
START /WAIT STOP_PF /SHOWNONE 8080
IF ERRORLEVEL 1 GOTO FAILED
ECHO Shutdown succeeded
GOTO DONE
  *FAILED
ECHO **** 終了できませんでした ****
  *DONE

(/WAIT オプションは、バッチファイルがユーティリティが終了するまで待つことを保証します。そうしないとバッチファイルが返り値を確認しないからです。)

原文

Windows 版とともに配布されているユーティリティ

ハウツー

POPFile ドキュメンテーションプロジェクト

 
jp/howtos/silentshutdown.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License