Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

jp:howtos:stunnel [2008/02/08 19:49] (current)
Line 1: Line 1:
 +====== POPFile を Stunnel と一緒に使う ======
 +
 +(訳注:POPFile 0.22.0 以降では、SSL 経由でメールを受信することが可能になりました([[JP:FAQ:SSL | FAQ:メールサーバに SSL で接続したいのですが、POPFile を使用することはできますか?]] を参照))
 +
 +[[http://www.stunnel.org/| Stunnel]] を入手してインストールします。
 +
 +
 +  * Stunnel 設定ファイルを作成し、通常の設定に下記を追加します:<code>
 +client=yes
 +service=popmail
 +
 +[popmail]
 +accept = 127.0.0.1:210
 +connect = your.mail.server:995
 +</code>
 +
 +  * Stunnel を起動し、落ちていないことを確認します。問題がある場合は、上で記述した設定ファイルに 'debug=7' を追加し、報告される問題を修正します。
 +
 +  * telnet を使ってテストします:<code>
 +telnet 127.0.0.1 210
 +</code>
 +  * POP サーバーから、welcome message を受け取るでしょう。何も現れなかったり、落ちてしまったら、... トラブルです。戻って前に行った設定を再チェックしましょう。
 +
 +  * POPFile を起動します。
 +
 +  * メールクライアントを起動し、POP3 メールサーバーを127.0.0.1、ポートを110に設定します。
 +
 +  * SSL メールアカウントをこのように設定します:<code>
 +受信(POP3)メールサーバ: 127.0.0.1
 +ユーザ名: 127.0.0.1:210:username
 +受信メールサーバのポート: 110
 +</code>
 +
 +  * メールを受け取ってみましょう。うまく動かない場合は、戻って設定を再チェックしましょう。
 +
 +[[HowTos:Stunnel | 原文]]
 
jp/howtos/stunnel.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License