POPFile のウイルスドクター (体験版) との併用

(以下の記述は、ウイルスドクターの体験版による検証結果をもとに書かれたものです。製品版においては異なる可能性がありますのでご注意ください)

ウイルスドクター Ver.9 (以下、ウイルスドクター) は透過eメールプロキシとして動作します。つまり、ウイルスドクターはあなたのメールクライアントからメールサーバへのリクエストの中継を行います。

POPFile とウイルスドクターを併用するには、以下の設定を行ってください。

ウイルスドクターは、メールサーバと POPFile の間で動作させるべきですが、ウイルスドクターがメールに追加するヘッダと POPFile の相性が悪いため、以下のように POPFile とメールクライアントの間で動作させるように設定しなければなりません。

メールクライアント –> ウイルスドクター –>POPFile–> メールサーバ
POP ポート 123 –> 123 –> 123 –> 110
注釈 123 を推奨します 標準

これによって、あなたのメールクライアントにウイルスが到達する前に、ウイルスドクターがウイルスチェックを行うことができます。

設定の手順

  • POPFile のインストールの前に、メールクライアントに次の設定がされているものとします。
    pop3 サーバ: pop.isp.net
    ユーザ名: user
    • ここで、pop.isp.net はあなたの使用するメールサーバ、user はあなたのログイン名です。
    • 大抵、メールサーバのポート番号は、メールクライアントのどこかで指定されており、110 が最も一般的な設定です。
  • ウイルスドクターは、あなたのメールクライアントから pop.isp.net のポート 110 へのリクエストを中継します。透過プロキシとして動作することで、ウイルスドクターはメールサーバとの送受信を傍受し、あなたが設定した方法に従ってウイルスの脅威をチェックすることを可能にしています。受信と送信の両トラフィックをチェックするのが推奨され、デフォルトの設定となっています。ウイルスドクターは、メールサーバとの間のPOP3およびSMTPトラフィックをフィルタし、ウイルスをスキャンします。
  • POPFileをインストールしてください( Windows版のインストール)
  • http://127.0.0.1:8080/configuration で、POP3 ポート番号123 に設定し、POP3 host:port:user 区切り文字 をコロン : のままにしておきます。
  • メールクライアントの設定を、以下のように変更します。
    pop3サーバ: 127.0.0.1
    ユーザ名: pop.isp.net:110:user
    pop3ポート: 123
  • 上記の設定によって、メールクライアントはIPアドレス127.0.0.1、ポート123 でPOPFileと通信を行います。
  • POPFile はユーザ名を調べ、ユーザ名の左側を切り分けます。(:が切り分け場所です) そして、切り分けた部分を使ってpop.isp.net ポート110 でメールサーバと通信します。残りの部分は、メールサーバにユーザ名として渡されます。もし、あなたが使用しているメールサーバが、メール受信に110 以外のポートを指定しているなら、110 を指定されたポート番号で置き換えてください。
  • ウイルスドクターの電子メール監視機能の監視ポート123 に変更します。これにより、メールクライアントと POPFile の間の通信でウイルスの監視が行われます。
  • ここまで設定できたら、一度コンピュータを再起動します。

注釈: ウイルスドクターの監視ポートは必ず変更する必要があります。これを変更しないと、メール受信時に「Received: noop」というエラーが発生します。また、設定変更後は再起動しなければ変更内容が有効にならないようですので、必ず再起動を行ってください。

参照:

 
jp/howtos/virusdoctor.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License