クイックスタートガイド : POPFile のファイアウォールとの併用

POPFile には、ローカルマシン上でサーバーとして動けるようフルパーミッションを与えておく必要があります。また、インターネットにアクセスできるパーミッションも必要です。popfile*.exe(Windows でクロスプラットフォームバージョンを利用している場合は perl.exe かもしれません。また、古いバージョンの POPFile を使用している場合は wperl.exe かもしれません)、あるいは他のオペレーティングシステムの場合、POPFile は Perl プログラム言語で作られたプログラムなので、 Perl パーサーにパーミッションを与えておく必要があることに注意してください。

ZoneAlarm では、各質問に単に「Yes」と答え、「Always allow…」ボックスをチェックしておけばよいでしょう。他のマシンの誰かと POPFile を共有しない限りは、POPFile にはサーバーとしてのインターネットへのアクセスを与える必要はありません。

重要 : この設定(訳注:perl.exe にパーミンションを与えた場合)により、すべての Perl プログラムにサーバとして動作するアクセス権を与えることになります!

POPFile が必要とするポートに対して接続が許されている限り、POPFile とファイアーウォールとを一緒に使っていて起こる既知の問題は今のところありません。

原文

 
jp/quickstart/firewalls.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License