POPFile の UI で文字化けが起こる問題

POPFile の UI で文字化けが起こる場合への対策をまとめたものです。

UI の全体が文字化けする場合

一般的な対処方法

  • POPFile の UI では、文字コードに EUC-JP を利用していますので、ブラウザの文字コード(エンコーディング)の設定で、「日本語(EUC-JP)」あるいは「日本語(自動判別)」などを選択してください。

Internet Explorer における対処方法

Internet Explorer を使用している場合は、様々な原因が考えられますので、下記のトラブルシューティングを順にお試しください。

  1. Windows.FAQ - Windows9x/Me フォントトラブル対処法とフォントの限界 を参考に、フォントキャッシュを削除してみてください。(Windows 9x/Me のみ)
  2. Windows 9x/Me の場合、”sans-serif” というフォントファミリー指定のために文字化けが起こることがあります。(参考) [IE5sans-serif を指定した HTML ファイルを表示すると文字化け]<br>この場合、インターネットオプションの「全般」タブで「ユーザ補助」をクリックし、「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェックするという対策があります。

履歴タブのメールの件名だけがすべて文字化けする場合

  • 「設定」タブの言語設定で「Nihongo」を選択していない場合、日本語で書かれた件名の処理などが行われず、すべての件名で文字化けが起こります。言語設定で「Nihongo」を選択して、POPFile を再起動してください(再起動しないと日本語処理が行われません)。また、件名などの処理はメールを受信した際に行われますので、言語設定が Nihongo 以外の状態で受信したメールについては、設定を変更して POPFile を再起動しても文字化けしたままになります。それ以降に受信したメールについては問題なく表示されるでしょう。
  • 一部の件名だけで文字化けが起こる場合、以下を参照してください。

履歴タブのメールの件名の一部が文字化けする場合

  • 履歴タブのメールの件名の一部だけが文字化けするケースがいくつかあります。

件名が MIME エンコードされていない場合

  • 一部のメール(spam メール)において、件名が MIME エンコードされていないものがあり、これによって文字化けが起こる場合があります。この場合、メールの分析自体は正しく行われており、分類には影響ありません(件名をクリックしてシングルメッセージビューを表示すれば、正しく分析できていることが確認できます)。
  • この種の文字化けは、”$BHNGd<T%M%C%H%S%8%M%9!!(B” とか “$BL$>5Bz9-9p”((B” といったように、”$” や ”%” などの記号と英数字の並びが特徴です。

関連

件名に機種依存文字が含まれている場合

  • 件名に機種依存文字(丸数字とか)が含まれている場合に件名の全体が文字化けしてしまうという問題があります。この問題の原因は、下記のリンク先に書かれているとおりですが、現在のところ確実な対処方法がありません。
  • 暫定的に、
Classifier/MailParse.pm の 47 行目
  'Nihongo' => [ 'shiftjis', 'euc-jp', '7bit-jis' ]
を、
  'Nihongo' => [ 'cp932', 'euc-jp', '7bit-jis' ] 
  • とすることによって一応の対処が可能ですが、若干の副作用があるため、根本的な対処には至っていません。
  • この種の文字化けは、でたらめな漢字の並びなどになることが多いです。

関連

件名の MIME エンコードが不正な場合

  • これも spam 等でたまに見かけますが、 MIME エンコードが不正なために件名の一部(後ろの方)が文字化けする場合があります。これは元々のエンコードの問題であり、正常にデコードすることができないため、対処のしようはないと考えられます。

上記以外のケースで文字化けが起こったら

  • 上記以外のケースで文字化けが起こる場合、 日本語化プロジェクトのフォーラム メーリングリスト へ連絡をお願いします。その際、(変更されていないオリジナルの)メールヘッダが必要となりますので、POPFile の message フォルダにあるキャッシュファイルなどを用意していただくと、原因分析のために役に立ちます。

マグネットが適用されたメールをシングルメッセージビューで開くと本文が文字化けする

  • マグネットが適用された場合、POPFile は本文の分析を行いません。また、日本語の文字コードも変更されませんので、シングルメッセージビューではメールの内容がそのまま表示されることになります。そのため、日本語のメールは文字化けした状態で表示されます。
  • マグネットが適用された場合に本文の分析を行わないのは POPFile の仕様です。このため、マグネットが適用されたメールについては、シングルメッセージビューで開くと本文が文字化けします。これは現在のところ仕様です。マグネットが適用された場合、メールのヘッダ(件名や宛て先など)だけを見て判別することになり、POPFile の UI でメールの本文を確認することにはあまり意味がないと考えられるため、特に修正の予定はありません。

トラブルシューティング

POPFile ドキュメンテーションプロジェクト

 
jp/troubleshooting/gobbledygookinui.txt · Last modified: 2008/02/08 19:49 (external edit)

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License