Table of Contents

What's new in the POPFile v2 (Draft)

Note:

POPFile v2 is not released yet. This is a draft of the documents for POPFile v2.

POPFile v2の新機能

What's new in the POPFile v2

POPFile v2 では、マルチユーザーのサポート、ユーザーインターフェース (コントロールセンター)の変更、SSL 接続の受け入れなどが実現されました。

POPFile v2 offers you several new features such as a true multiuser support, improvements of the UI (Control Center) and support for incomming SSL connections.

マルチユーザーサポート

Multiuser support

シングルユーザーモードとマルチユーザーモード

Single user mode vs. Multiuser mode

POPFile には 2 つの動作モードが存在します。ひとつは POPFile v1 までと同じく 一人で POPFile を使用するシングルユーザーモード(POPFile クラシックとも 呼ばれます)です。 もうひとつは複数のユーザーで POPFile を使用するマルチユーザーモードです。

POPFile has two user modes. The first one is called 'Single user mode', which means that one user uses POPFile at a time like POPFile v1. This mode also called as 'POPFile classic'. The second one is called 'Multiuser mode', which means that multiple users share one POPFile installation.

シングルユーザーモードでは、これまでと同じように POPFile を使用する ことができます。マルチユーザーモードは、SOHO などの環境で利用すること を想定しています。

You can use POPFile v2 as same as POPFile v1 in the single user mode. The multiuser mode may be useful if you work at the small office.

POPFile は初期設定ではシングルユーザーモードで動作します。マルチユーザー モードに変更する場合は、管理タブで設定変更を行います。(後述)

POPFile runs in the single user mode by default. You can change it into the multiuser mode using the Administration tab. See below.

マルチユーザーモードでできること

What can I do by using the multiuser mode?

ユーザーごとに異なるコーパスを持つことができる

Users have different corpus per user

マルチユーザーモードでは、それぞれのユーザーが異なるコーパス(バケツと それに含まれる単語)、メッセージ履歴、マグネットを持つことができます。

In the multiuser mode, users are able to have the different corpus (buckets and words), message history and magnets.

UI と POP3 プロキシはマルチユーザー対応

UI and POP3 proxy support the multiuser mode

現在のところ、ユーザーインターフェース(コントロールセンター)と POP3 プロキシがマルチユーザーモードに対応しています。

For now, The user interface (Control Center) and the POP3 proxy support the multiuser mode.

管理者と一般ユーザ

Administrators vs. Standard users

管理者にしかできないことと一般ユーザにもできること

Administrators can do what? Standard users can do what?

マルチユーザーモードでは、管理者(admin)と一般ユーザとでは権限が異なり ます。

In the multiuser mode, administrators ('admin') and standard users have defferent permissions.

管理者は POPFile の全体的な設定(POPFile の動作モードやポート設定など) を変更することができます。また、管理者は POPFile を使用するユーザー を作成、削除することも可能です。

Administrators can change the global settings of POPFile ( e.g. the user mode and the port settings ). Administrators can also create or remove users who can use POPFile.

一般ユーザーはそれぞれのユーザーの設定(履歴タブに表示する項目や表示 言語など)を変更することができます。

Standard users can change his own settings ( e.g. the items to be showed in the history table and the language of the interface ).

シングルユーザーモードとマルチユーザーモードの切り替え

Change between Single user mode / Multiuser mode

シングルユーザーモードとマルチユーザーモードの切り替えは、管理タブで 行うことができます。

You can change the user mode between the single user mode and the multiuser mode using the Administration tab.

「ステルスモード/サーバーオペレーション」欄にある「シングルユーザー モード(POPFile クラシック)」のチェックをはずし「適用」ボタンをクリック することでマルチユーザーモードに切り替わります。

Clear the check of the 'Single user mode (POPFile classic)' checkbox on the 'Stealth mode/Server operation' section and click the 'Apply' button to change the POPFile into the multiuser mode.

「シングルユーザーモード(POPFile クラシック)」のチェックを元に戻せば シングルユーザーモードに切り替えることができます。

You can restore to the single user mode by checking the 'Single user mode (POPFile classic)' checkbox.

これらの切り替えは POPFile の再起動を必要としませんが、混乱を避ける ため、POPFile を再起動させることをお勧めします。

Since you are not required to restart POPFile to apply these changes, we recommend you to restart POPFile to prevent confusion.

POPFile v1 からのアップグレード

Upgrading from POPFile v1

アップグレード

Upgrading

POPFile v1 からのアップグレード時、POPFile の設定やコーパス等のデータ は初期設定の管理者ユーザ(admin)のデータとして引き継がれます。

When you upgrade from POPFile v1, the settings and the data like corpus are converted to the data for an administrator who is created by default ('admin').

シングルユーザーモードで POPFile を使用する場合はそのまま使用する ことができます。

If you are to use POPFile in the single user mode, you can use it as before.

マルチユーザーモードで POPFile を使用する場合には、別の一般ユーザーを 作成し、設定などをコピーして使用することをお勧めします。

If you are to use POPFile in the multiuser mode, we recommend you to create a new standard user and copy the settings and corpus of the default admin user.

複数のコーパスをまとめる

Merging multiple corpus

ユーティリティスクリプトの import.pl を用いることにより、複数の コーパスの内容をひとつのデータベースにまとめることができます。 このスクリプトについての詳細は、・・・を参照してください。

You can merge multiple corpus into one database using the utility script 'import.pl'. For more information about the script, see:

複数の POPFile のデータを統合し、POPFile v2 をマルチユーザーモードで 使用する際にご利用ください。

Use this script if you want to merge multiple POPFile corpus and use POPFile v2 in the multiuser mode.

POPFile v1 からのアップグレードにおける制限事項

Limitation in upgrading from POPFile v1

POPFile v1 からのアップグレードの際の制限事項です。

Here's the list of limitations of upgrading from POPFile v1.

UI のパスワードは引き継がれない
Password to access UI is not converted

ユーザーインターフェースにパスワードを設定していた場合でも、この パスワード設定は引き継がれません。 POPFile v2 にバージョンアップした後、設定バーを使って再度パスワードの 設定を行ってください。 初期設定はパスワードなしです。

Even if you are using a password to access the UI, the password will not be upgraded to POPFile v2. Plese reconfigure the password using the Config bar after upgrading to POPFile v2. The default password is '' (no password).

マルチユーザーモードにおける制限事項

Limitations of the multiuser mode

POP3 プロキシ
POP3 proxy
  • AUTH コマンドは未サポート(AUTH PLAIN のみ対応)

マルチユーザーモードでは、AUTH PLAIN 以外の AUTH コマンドには対応して いません。

  • POP3 proxy does not support AUTH command except for AUTH PLAIN

The AUTH command except for the AUTH PLAIN is not supported in the multiuser mode.

POPFile v1 とシングルユーザーモードとの相違点

Defferences between POPFile v1 and the Single user mode

「UI の改善」を参照

See the 'Improvements of the UI'

マルチユーザーモードの UI

UI of the multiuser mode

ログイン画面

Login page

UI(コントロールセンター)へのログイン画面です。

The login page for the UI (Control center)

ユーザー名とパスワードを入力してログインします。 ユーザー名とパスワードは管理者に指定されたものを入力します。 管理者のユーザー名は「admin」です。

Type your user name and password to login. Use the user name and the password which the administrator of the POPFile has prepared for you. The administrator's user name is 'admin'.

それぞれのユーザーはコントロールセンターにログインするためのパスワード を変更することができます。変更には、ログイン後、設定バーを利用します。

Each users can change thier password to access to the Control center. To change the password, use the Config bar below the UI after you log in.

一般ユーザー用のタブ

Tabs for Standard users

一般ユーザーとして POPFile にログインした場合、以下の 3 つのタブが表示 されます。

If you log in to the POPFile as a standard user, you will see following three tabs.

履歴タブ
History tab

POPFile を経由して受信されたメールの履歴が表示されます。 POPFile が分類を間違えたときにメッセージを再分類することができます。 v1 と基本的には変わりありません。

You can see the messages which was recieved via POPFile. You can reclassify the messages which POPFile classified to the wrong bucket. This tab is almost same as the one of v1.

バケツタブ
Buckets tab

POPFile でメッセージを分類する先のバケツの設定を行います。 v1 と基本的には変わりありません。

You can manage the buckets into which POPFile classifies the messages. This tab is almost same as the one of v1.

マグネットタブ
Magnets tab

POPFile のベイジアンフィルタをバイパスするマグネットの設定を行います。 v1 と基本的には変わりありません。

You can manage the magnets which make POPFile to bypass its bayesian filter. This tab is almost same as the one of v1.

管理者用のタブ

Tabs only for Administrators

管理者専用のタブです。一般ユーザーからはアクセスすることができません。

These are the tabs only for administrators. The standard users cannot access to these tabs.

管理タブ
Administration tab

POPFile 全体の設定を変更することができます。 v1 の設定タブとセキュリティタブを統合したようなものです。

You can change the POPFile global settings. This tab combined the Configuration tab and the Security tab from POPFile v1.

ユーザータブ
Users tab

POPFile を使用するユーザーの設定を行います。 詳細は「ユーザーの管理」を参照。

You can handle the users who uses POPFile. For more information, see 'Handling users'.

詳細設定タブ
Advanced tab

POPFile のパラメータを変更することができます。 v1 と基本的には変わりありません。

You can change the parameters of POPFile. This tab is almost same as the one of v1.

ログアウト

Logout

マルチユーザーモードでは、コントロールセンターの右上にある「ログアウト」 をクリックすることによってコントロールセンターからログアウトすることが できます。

You can log out from the Control center by clicking 'Logout' link at the top-right of the UI. You can see this link if you are in the multiuser mode.

初期設定では、30 分間何も操作しなかった場合自動的にログアウトされます。

By default, you will be logged out automatically if you have not touched anywhere of the UI for 30 minutes.

マルチユーザーモードの管理

Administration of Multiuser mode

ユーザーの管理

Handling users

管理者はユーザータブを利用して POPFile を使用するユーザーの作成や設定 変更などを行うことができます。

Administrators can create users who can use POPFile and change the users' settings using the Users tab.

ユーザーの作成
Create New user

POPFile を使用するユーザーを作成します。 ユーザーのパスワードは自動的に生成されます。パスワードを変更したい場合 はユーザーパスワードの変更を行ってください。(後述)

Administrators can create users who uses POPFile. The password for the user is automatically generated. To change the user's password, use the 'Change/Initialize User's Password' section. See below.

  • ユーザー設定のコピー
  • Copying settings from user

既存のユーザーの設定をコピーしたユーザーを作成することができます。 履歴タブの表示項目やバケツ設定などがコピーされます。

You can copy the settings from the existing user when you create an user. Settings of the history columns, settings of the buckets and so on will be copied.

  • マグネット・コーパスのコピー
  • Copying magnets and corpus

必要に応じて、マグネットの内容やコーパスの内容(バケツに含まれる単語) をあわせてコピーすることができます。

If needed, you can also copy magnet settings or content of the corpus (words in the buckets).

  • コピーについての注意事項
  • Notes for copying

管理者の設定をコピーした場合、新しく作成されたユーザーも管理者の権限を 持つことになります。管理者権限を必要としない場合は、ユーザー設定の編集 を行ってください。(後述)

If you copy from the administrator settings, the new created user will have the administrator privilege. If you don't need to give him/her the administrator privilege, edit the user's setting after creating the user. See below.

ユーザー名の変更
Rename Existing User

ユーザー名を変更します。 ユーザー名を変更するとそのユーザーのパスワードが初期化されます。

Administrators can rename the exsisting user's name. The password for the user will be initialized when you rename the user.

ユーザーの削除
Remove Existing User

ユーザーを削除します。 ユーザーの設定、バケツ、マグネットなどがすべて削除されます。 削除を取り消すことはできませんので注意してください。

Administrators can remove the existing users. The user's settings, buckets and magnets are all removed. Please note that you can't undo the removal.

管理者権限を持つユーザーは削除することができません。 ユーザー設定の編集で管理者権限をはずしてから削除してください。

You can't remove the users who has the administrator privilege. If you need to remove them, change the user to the standard user first.

ユーザーパスワードの変更/初期化
Change / Initialize Users' Passwords

ユーザーのパスワードを変更・初期化することができます。

You can change or initialize the users' password.

ユーザー設定の編集
Edit User Settings

ユーザー設定の編集を行います。 POP3 プロキシとして使用する際には、ここでメールアカウントとの関連付け を行う必要があります。

Administrators can edit the users' settings. If you want to use POPFile as the POP3 proxy, you have to associate the mail accounts with the users.

  • ユーザーとアカウントとの関連付け
  • Association between users and accounts

メールアカウントとユーザーとの関連付けを行います。 例えば、「user」ユーザーに対して「foo」サーバーの「bar」アカウントを 関連付けた場合(「user」ユーザーのアカウントに「foo:bar」を追加した 場合)、「foo」サーバーの「bar」アカウントに対して接続が行われると 「user」ユーザーの設定が使用され、「user」ユーザーのメッセージ履歴に メッセージが記録されます。

You can associate between the mail accounts and the users. For example, if you associate between the user 'user' and the account 'bar' of the server 'foo' (if you add 'foo:bar' to the account table of the user 'user'), and when the user connects to the server 'foo' and reads the mail of the account 'bar' via POPFile, POPFile will use the settings for the user 'user' and store the downloaded messages in the message history for the user 'user'.

現在のところ、POP3 アカウントについてのみ関連付けを行うことができます。

You can associate only the POP3 account for now.

  • POP3 アカウント
  • POP3 accounts

POP3 アカウントに対して関連付けを行います。

  • 透過プロキシモードにおける設定
  • Using Transparent proxy mode

透過プロキシモードを使用する場合には、POPFile は「透過プロキシサーバ:ユーザー名」 というアカウントが設定されているかのように動作します。 すなわち、メールサーバーのアカウント名と POPFile のユーザー名を一致 させておけば、アカウント設定を行わなくてもよいということです。 同じメールサーバーに接続する複数のユーザーで POPFile を共有する場合には この設定がお勧めです。

If you use the transparent proxy mode, POPFile assumes that an account 'transparent_proxy_server:username' is associated with each user. In other words, if you match the account name of the mail server and the user name of the POPFile, you don't have to configure the accounts for users. We recommend you to use this setting if the users of your POPFile server connect to the one mail server.

透過プロキシサーバを使用する場合、メールクライアントのアカウント設定を 「アカウント名」、サーバー設定を「POPFile が動作しているサーバ名」と するだけですみます。詳しくは透過プロキシを参照。

If you use the above settings, all the users have to do is to change the POP3 server setting to the POPFile server. For more information, see Transparent proxy section.

  • 管理者と一般ユーザーの切り替え
  • Change between Administrators and Standard users

管理者と一般ユーザーとを切り替えるためには、ユーザー設定の編集で 「GLOBAL_can_admin」オプションを変更します(1 = 管理者、0 = 一般ユーザー)。

You can change the users between Administrators and Standard users by changing the 'GLOBAL_can_admin' option (1 = Administrators, 0 = Standard users) on the Edit user settings section.

管理者に指定したユーザーは、POPFile に関するすべての設定を変更すること ができるという点に注意してください。(最初から設定されている管理者の admin と同等の権限を持つ)

Please note that the users who has the administrator privilege can change all of the settings of the POPFile. The administrators have the privilege as same as 'admin' existing by default.

ユーザー管理の自動化(XMLRPC)
Automatically handling users (XMLRPC)

XMLRPC インターフェースを用いて、ユーザーの作成などを自動化することが できます。

You can use the XMLRPC interface to create users automatically.

(サンプルコード)

Sample code:

(TODO)



POPFile の全体設定の管理

Administration of the POPFile global settings

管理タブ及び詳細設定タブを用いて POPFile の全体的な設定を管理することが できます。詳細はそれぞれのタブの説明。

Administrators can change the POPFile global settings using the Administration and the Advanced tabs. For more information, see the explanation of the each tabs.

管理タブ
Administration tab
詳細設定タブ
Advanced tab

ユーザーセッションの監視

Monitoring user sessions

管理タブにおいて、現在 POPFile に接続中のユーザーの一覧を確認すること ができます。

Administrators can monitor the list of the current active users on the Administration tab.

セッションタイムアウト

Session timeout

マルチユーザーモードでは、コントロールセンターにアクセスした状態で しばらくの間(初期設定では 30 分)何も操作しなかった場合、自動的に ログアウトされます。

In the multiuser mode, you will be automatically logged out if you don't touch anywhere of the UI for some time (30 minutes by default).

自動的にログアウトされるまでの時間は管理タブの「セッションタイムアウト の秒数」パラメータで変更することができます。

You can change the period of the timeout by changing the 'Session timeout in seconds' parameter on the Administration tab.

シングルユーザーモードにおいては、パスワード設定時のみ

In the single user mode, if you set the password for the UI

シングルユーザーモードでは、コントロールセンターにアクセスするための パスワードを変更した際にのみマルチユーザーモードと同様に自動的に ログアウトされます。

In the single user mode, you'll be logged out as the multiuser mode only if you set the password for the Control Center (UI).

日本語ユーザへの注意点

Notes for Japanese users

日本語で書かれたメールの処理を行うためには、詳細設定タブの「GLOBAL_language」 パラメータを「Nihongo」にしておく必要があります。

To handle Japanese e-mails correctly, you need to set the 'GLOBAL_language' parameter on the Advanced tab to 'Nihongo'.

シングルユーザーモードでは、設定バーの言語設定で「Nihongo」を選択します。

In the single user mode, change the language setting on the Config Bar to 'Nihongo'.

マルチユーザーモードでは、詳細設定タブで設定変更を行ってください。 (設定バーの言語設定はコントロールセンターの表示言語の設定のみを変更します)

In the multiuser mode, change the setting on the Advanced tab. The language setting on the Config Bar will change only the language for the Control Center (UI).

これらの設定を変更した際には、必ず POPFile を再起動してください。 POPFile を再起動するまでは日本語のための処理は行われません。

Please note that you need to restart POPFile after changing these settings. POPFile won't treat Japanese texts until you restart POPFile.

SSL 接続の受け入れ

Incoming SSL connections

POPFile v2 では、POPFile に対して SSL による接続を行うことができます。 現在のところ、コントロールセンターへの接続と POP3 プロキシへの接続に おいて SSL を使用することができます。

POPFile v2 accepts the incoming SSL connections. This means that you can connect to POPFile via SSL. By now you can connect the Control Center and POP3 proxy via SSL.

証明書・鍵などの準備

Prepare Certification file and Key

POPFile に対して SSL 接続を行うためには、POPFile の各サーバーの証明書 や鍵ファイル、認証局の証明書などが必要となります。

You need the certification file for the server, the key file for the server and the certification file for the certificate authority (CA).

作成方法

How to prepare these files

(TODO) OpenSSL を使って作成・・・

(TODO) Create the files using OpenSSL

インストール場所

Where to install

POPFile のデータフォルダに「certs」フォルダを作成し、その中にファイル を設置します。初期設定での設置場所は以下のとおりです。

  • サーバーの証明書 certs/server-cert.pem
  • サーバーの鍵 certs/server-key.pem
  • 認証局の証明書 certs/ca.pem

これらの設置場所は、詳細設定タブの「GLOBAL_cert_file」「GLOBAL_key_file」 「GLOBAL_ca_file」を編集して変更することができます。

Create 'certs' folder in the POPFile data folder, and place the files in the folder. By default the files should be placed at:

  • The certification file for the server certs/server-cert.pem
  • The key file for the server certs/server-key.pem
  • The certification file for the CA certs/ca.pem

You can change where to set these files by changing the parameters 'GLOBAL_cert_file', 'GLOBAL_key_file' and 'GLOBAL_ca_file' on the Advanced tab.

ブラウザ・メールクライアントへのインポート

Importing certification file to web browsers or mail clients

自己署名の証明書などを利用する場合には、認証局の証明書をブラウザや メールクライアントにインポートする必要があります。

If you use the self-signed certifications you need to import the certification file of the CA into the web browsers and the mail clients.

インポート手順
How to import
  • Firefox
  • Firefox

(TODO)

  • Thunderbird
  • Thunderbird

(TODO)

POP3 プロキシへの SSL 接続(POP3S モジュール)

SSL connections to POP3 proxy (POP3S module)

POP3 プロキシに対して SSL 接続(POP3 over SSL)を使用するには、POP3S (POP3 over SSL) プロキシを有効にする必要があります。

You need to enable the POP3S (POP3 over SSL) proxy to connect the POP3 proxy via SSL connections.

TLS はサポートされていません。

TLS is not supported yet.

有効にする

Enable POP3S module

詳細設定タブの「pop3s_enabled」を「1」に変更し、POPFile を再起動します。

Change the 'pop3s_enabled' paramter on the Advanced tab to '1' and restart POPFile.

ポート設定

Port setting

POP3 over SSL のポート番号は管理タブで設定します。設定変更には POPFile の再起動が必要です。 初期設定では「995」が使用されます。

You can change the port to connect the POP3 over SSL proxy on the Administration tab. You need to restart POPFile to apply the change. The POP3S proxy port is '995' by default.

ホスト名、ポート番号、アカウント名の区切り文字

host:port:user separator character

区切り文字は POP3 プロキシのものと同じ文字が使用されます。

The separator character is same as the POP3 proxy.

POP3 over SSL を使用するための設定方法

How to configure the mail client to use POP3 over SSL

メールクライアントの SSL 接続設定を行うとともに、POP3 over SSL の ポート番号を指定します。他の設定は POP3 プロキシの場合と同様です。

Enable the SSL connections and set the POP3S over SSL port in the mail client settings. The other setting is same as the POP3 proxy.

制限事項(Windows 版)

Limitation of the Windows version

  • Windows 版では「同時接続の許可」は使用不可
  • You cannot use the concurrent connections on Windows

Windows 環境で POPFile を使用している場合、POP3 over SSL への同時接続 設定は使用できません(POPFile がクラッシュします)。

If you use POPFile on Windows, you cannot use the concurrent connections to the POP3S proxy. This will crash POPFile.

コントロールセンターへの SSL 接続

SSL connections to Control center

POPFile コントロールセンターに対して SSL 接続を行うためには、SSL 接続 を有効にする必要があります。

To connect the POPFile Control Center via SSL, enable SSL connections.

有効にする

Enable SSL connections

管理タブの「UI への SSL 接続を受け入れる」にチェックを入れて「適用」 ボタンをクリックし、POPFile を再起動するとコントロールセンターへの SSL 接続(HTTPS 接続)が可能になります。

Check the 'Accept incoming SSL connections to the UI' and click 'Apply'. After restarting POPFile, you can connect the Control Center via SSL (HTTPS connection).

ポート設定

Port setting

コントロールセンターへの SSL 接続で使用するポート番号は管理タブの 「ユーザーインターフェース(SSL)用ポート番号」で設定します。 設定変更には POPFile の再起動が必要です。 初期設定では「443」が使用されます。

You can change the port to connect the Control Center via SSL by changing the 'User interface web (SSL) port' paramter on the Administration tab. You need restart POPFile apply the change. The port number is '443' by default.

コントロールセンターへの SSL 接続の使用

How to connect Control center using SSL

Web ブラウザで「https://127.0.0.1/」にアクセスすることにより、 コントロールセンターに対して SSL で接続することができます。 ポートを変更している場合や POPFile が動作しているマシン以外のマシン から接続する場合は、「https://POPFileが動作しているサーバのアドレス又は名称:ポート番号」 となります。

(TODO)

動作テスト(OpenSSL)

How to test (OpenSSL)

openssl コマンドの s_client オプションを使用して動作テストを行う ことができます。

You can test the SSL connections using the s_client option of the openssl command.

例: openssl s_client -connect server:port デバッグログを出力する場合には、 openssl s_client -connect server:port -state -debug

Ex: openssl s_client -connect server:port If you want to see the debug logs: openssl s_client -connect server:port -state -debug

POP3 透過プロキシモードでの SSL 使用

Use SSL connections in POP3 proxy mode

POP3 透過プロキシモードで SSL 接続を使用することができるようになりました。 管理タブの「リモートサーバー」で「SSL を使用する」にチェックを入れる ことにより有効になります。

You can now use the SSL connections in the POP3 transparent mode. To enable, check the 'Use SSL' option in the Remote Server section of the Administration tab.

このチェックがされている場合、リモート POP3 サーバーに対して常に SSL で接続が行われます。

If you enable this setting, POPFile will connect to the remote POP3 server always using SSL.

ユーザーインターフェース(コントロールセンター)の改善

Improvements of the UI (Control center)

POPFile v2 では、ユーザーインターフェース(コントロールセンター)に ついても大幅な改善が行われました。いくつかの設定について、変更方法や 変更箇所が変わっているものがありますので注意してください。

POPFile v2 offers you significant improvements of the user interface (Control Center). Please note that the way to change or the location of the interface are changed for some settings.

全般

General

  • 設定タブは管理タブに置き換えられました
  • セキュリティタブは廃止されました(管理タブに統合)
  • 設定バーが新設されました
  • Configuration tab is replaced with Administration tab
  • Security tab is removed and merged to Administration tab
  • New Config Bar is set up the bottom of the UI

設定タブは管理タブに置き換えられ、セキュリティタブが統合されました。 それぞれのタブの設定をいつでも変更することのできる設定バーが新設され ました。(詳しくは後述)

The Configuration tab is replaced with the Administration tab, and the Security tab is merged into the Administration tab. The new Config bar is added and you can always change the settings of the each tab. For more information, see below.

いくつかの設定について設定箇所が移動しました

Some of the settings moved between tabs

設定 移動元 (v1.x) 移動先 (v2.0)
スキン 設定タブ 設定バー(共通)
言語 設定タブ 設定バー(共通)
履歴関係の設定 設定タブ 設定バー(履歴)
ステルス・サーバーモード セキュリティタブ 管理タブ
リモートサーバー セキュリティタブ 管理タブ
パスワード セキュリティタブ 設定バー(共通)
更新チェック・統計情報 セキュリティタブ 管理タブ
Setting From (v1.x) To (v2.0)
Skins Configuration tab Config Bar (common)
Languages Configuration tab Config Bar (common)
Settings for History tab Configuration tab Cofnig Bar (History tab)
Stealth/Server mode Security tab Administration tab
Remote server Security tab Administration tab
Password Security tab Config Bar (common)
Update check/Statistics Security tab Administration tab

設定タブで設定を行っていた、スキン、表示言語の設定は設定バー(共通)に 移動しました。設定バーでは、表示しているタブにかかわらずいつでも設定 変更を行うことができます。

Skin and Language settings are moved from the Configuration tab to the Config bar (common). You can change these settings in whichever tabs you are.

設定タブで設定を行っていた、履歴タブの表示項目や 1 ページに表示する メールの数などの設定は設定バー(履歴タブ)に移動しました。 履歴タブの表示がどう変わるかを確認しながら設定変更を行うことができます。

The history columns, the number of messages per page and the other settings for the History tab are moved from the Configuration tab to the Config bar on the History tab. You can change the settings seeing the effects of the changes.

セキュリティタブで設定を行っていた、ステルスモード、リモートサーバー、 更新チェック、統計情報レポートの各設定は管理タブに移動しました。

The stealth mode, remote server, update check and statistics report settings are moved from the Security tab to the Administration tab.

セキュリティタブで設定を行っていた、コントロールセンターへアクセスする 際のパスワードは設定バー(共通)に移動しました。

The setting of the password to access to the Control Center moved from the Security tab to the Config bar (common).

各タブ等

Tabs

設定バー

Config Bar

コントロールセンターの下部にあり、それぞれのタブにおける共通の設定や それぞれのタブの個別の設定を変更することができます。

The Config bar is always on the bottom of the Control Center. You can use it to change some global settings of the UI and settings of the specific tabs.

表示・非表示
Show/Hide Config Bar

「設定バー」をクリックすることにより、表示・非表示を切り替えることが できます。

You can click the 'Config bar' to show/hide its content.

共通
Common
  • スキン
  • 言語設定
  • パスワード
  • Skins
  • Languages
  • Password

スキン、言語設定、パスワードについてはどのタブを表示しているときでも 変更することができます。

You can use the Config bar to change the Skin, Language, Password settings in whichever tabs you are.

履歴タブ
History tab

履歴タブを参照 See History tab

履歴タブ

History tab

  • 任意のページへの移動
  • Jump to the specified page

任意の指定したページへジャンプする機能が追加されました。

You can now jump to any page you specify.

  • 表示項目の追加・削除
  • Add/Remove history columns

履歴タブに表示する項目を簡単に変更することができます。 履歴タブから項目を削除する場合はそれぞれの項目の「×」ボタンをクリック、 項目を追加する場合は設定バーの「履歴タブ項目を追加」で追加したい項目に チェックを入れて「適用」ボタンをクリックします。

You can now easily change history columns displayed on the History tab. You can click [x] button on the top-right of columns to remove the column. And you can add columns using the Config bar. Click the checkbox of the column you want to add and click 'Apply' button.

  • 表示項目の並び替え
  • Sort history columns

履歴タブに表示する項目の順番を簡単に変更できるようになりました。 それぞれの項目の「>」または「<」ボタンをクリックすることにより、 その項目を右、または左に移動することができます。

You can easily change the order of the history columns. You can click [>] or [<] buttons to move the column to right, or to left.

  • 設定バー
    • 履歴の列の幅
    • 1 ページに表示するメールの数
    • 履歴を残す日数
  • Config Bar
    • History column width
    • Messages per page
    • Days of history to keep

設定バーを使用することにより、履歴の列の幅や 1 ページに表示するメールの 数、履歴を残す日数を変更することができます。

You can use the Config bar to change the width of the history columns, the number of messages per page and the number of days of history to keep.

バケツタブ

Buckets tab

バケツタブについてはこれまでと変わりません。

There's no changes on the Buckets tab.

マグネットタブ

Magnets tab

マグネットタブについてはこれまでと変わりません。

There's no changes on the Magnets tab.

管理タブ

Administration tab

  • 設定タブとセキュリティタブを統合
  • Configuration and Security tabs are merged

管理タブには設定タブとセキュリティタブが統合されました。 履歴タブに関する設定については履歴タブの設定バーに移動しました。

The Configuration and Security tabs are removed and merged into the Administrator tab. Settings for the History tab are moved to the Config bar on the History tab.

  • 「はい」「いいえ」ボタンからチェックボックスへの変更
  • Yes/No buttons are replaced with checkboxes

「はい」「いいえ」ボタンで設定変更を行っていたものを、すべてチェック ボックスに変更しました。

Yes/No buttons which are used to change settings replaced with the checkboxes.

  • 新しいオプション
  • New options

新しいオプションとして、

  • シングルユーザーモード/マルチユーザーモードの切り替え
  • POP3 透過プロキシでの SSL 使用
  • コントロールセンターへの SSL 接続の可否と使用ポート
  • 現在のユーザーセッション一覧(マルチユーザーモードのみ)

が追加されました。

Following new options are added:

  • Change between the single user mode and multiuser mode
  • SSL option of POP3 transparent proxy
  • Enable/Disable HTTPS connections
  • Current user sessions (multiuser mode only)

ユーザータブ(マルチユーザーモードのみ)

Users tab (Multiuser mode only)

  • ユーザー管理のために新設
  • New for user administration

マルチユーザーモードにおいてユーザーの管理を行うために新設されました。 ユーザータブについての詳細は前述のとおり。

The new Users tab is added to manage users in the multiuser mode. For more informations about the User tab, see above.

詳細設定タブ

Advanced tab

  • シングルユーザーモードの設定(シングルユーザーモードのみ)
  • Settings for Single user mode (single user mode only)

詳細設定タブについてはこれまでと変わりませんが、シングルユーザーモード においては、POPFile の全体設定とシングルユーザーモード用の設定に分割 されました。

The Advanced tab is changed a little. In the single user mode, the global POPFile settings and the single user mode settings have been separated.

ステータス・エラーメッセージ

Status/Error messages

設定変更後のメッセージや設定内容のエラーなどが画面上部に表示される ようになりました。

The messages and errors of changing parameters are showed on the top of the UI.

クッキーの利用

Using Cookies

  • セッションの管理にクッキーを利用するようになった
  • クッキーはブラウザを閉じる、あるいはログアウトすることにより削除される

(TODO)

コントロールセンターへの接続にクッキーを利用するようになりました。 このクッキーはブラウザを閉じる、あるいはログアウトすることによって削除 されます。

POPFile now uses the cookies to handle connections to the Control Center. The cookies will be removed when you close the browser or log out from the UI.

新たに必要となる Perl モジュール

Newly required Perl modules

POPFile v2 では新たに以下のモジュールが必要となりました。

POPFile v2 requires following modules in addition to v1.

クッキーの暗号化

Encrypting the cookies

  • Crypt::CBC
  • Crypt::Blowfish
  • Crypt::DES (optional)

セッションキーなどに使用するランダム文字列生成

Generating the random strings used as session keys

  • Crypt::Random
  • Class::Loader
  • Math::Pari
  • Crypt::OpenSSL::Random (optional)

ハッシュ生成

Generating hash

  • Digest::SHA

用語集

Glossary

  • マルチユーザーモード
  • シングルユーザーモード
  • 一般ユーザー
  • 管理者ユーザー
  • Multiuser mode
  • Single user mode
  • Standard users
  • Administrators

更新

FAQ

複数のクライアント

ハウツー

必要な Perl モジュール

  • Crypt::CBC
  • Crypt::Blowfish
  • Crypt::DES (optional)
  • Crypt::Random
  • Class::Loader
  • Math::Pari
  • Crypt::OpenSSL::Random (optional)
  • Digest::SHA

ユーザーインターフェース

アドバンストユーザー向け

オプション・リファレンス

  • 新しいオプション
  • ユーザーごとのオプションと全体のオプションをわける

XMLRPC

  • マルチユーザーモード関係の関数
  • マルチユーザーモードにおけるセッションキーの生成

ユーティリティスクリプト

insert.pl

  • (マルチユーザーモードへの対応)

import.pl

  • (旧データのインポート)

開発者向け

オブジェクトモデル

UPDATE

FAQ

Multiple client

HowTos

Required Perl modules

  • Crypt::CBC
  • Crypt::Blowfish
  • Crypt::DES (optional)
  • Crypt::Random
  • Class::Loader (required by Crypt::Random)
  • Math::Pari (required by Crypt::Random)
  • Crypt::OpenSSL::Random (optional)
  • Digest::SHA
  • Image::Info

UI

Advanced Users

Option Reference

  • new option
  • split user's options and global options

XMLRPC

  • functions for the multiuser mode
  • session key creation in the multiuser mode

Utility scripts

insert.pl

  • multiuser mode support

import.pl

  • importing multiple database

Developer's Corner

Object Model

 
v2.txt · Last modified: 2013/10/26 20:00 by amatubu

Should you find anything in the documentation that is incomplete, unclear, outdated or just plain wrong, please let us know and leave a note in the Documentation Forum.

Recent changes RSS feed Donate Driven by DokuWiki
The content of this wiki is protected by the GNU Fee Documentation License